私がマンスリーマンションという言葉を知ったのは2、3年前のことです。

仕事で出張する人が利用するものという認識で、頻繁に同じ地域に出張する人にとっては、ホテル暮らしをするよりも気楽だし経済的だし、便利だろうなと思う程度で、自分が利用するようになるとは思っていませんでした。

私は兵庫県尼崎に住んでいて、仕事で大阪に行くことが多いのですが、まさか年に数回、マンスリーマンションのお世話になるとは、思ってもみませんでした。



大阪でしたら、尼崎からは文句なしの通勤圏内。

車でも電車でも、1時間以内に行くことができます。

ですからずっと、大阪で仕事があるときには、少し早く起きて通勤電車に揺られて通っていました。

関西の通勤時間帯は、東京の通勤ラッシュを知っている私にはチョロいもの。

座ることはできませんが、たいして苦痛に感じることもなく、久しぶりの電車を楽しんでさえいたのです。

ところがあるとき、1週間深夜まで作業をする仕事が発生しました。



このとき初めて、マンスリーマンションを借りたのです。

オートロックとネット回線完備で、作業する場所からも徒歩圏内。

仕事で大忙しでしたからキッチンを使うことはありませんでしたけど、大阪市内なので飲食店も充実していて食事に困ることはありません。

実はこのマンスリーマンション体験で、仕事に集中できるし、たまに家族と離れてみるのも悪くないと気づいたのです。

以来、大阪で集中作業があるときには、迷わずマンスリーマンションを借りることにしています。