学校の教師や、学習塾の教師は、現在の学生とうまく接するには、学生のスタイルに教師が合わせていくように努力することである。
そのために、教師が生徒の興味を理解するように努めなければならない。
学生の学習意欲がどの程度なのかを把握し、社会経済的レベルがどうなのかを理解しなければならない。
学生が好きなものは何なのか、その特性が何であるかを知ろうと努力しなければならない。
教師が自分の興味と基準に合わせて判断するのではなく、学生をそのまま理解する努力が最も重要である。
学生を理解することは、授業のなかでも重要な部分である。
学習意欲が高い生徒を対象に授業する時と学習意欲が低い学生を対象に授業するときでは、授業のアプローチが違ってくる。
たとえば、学習意欲が低い学生には、学生が好きな話題を交えて授業をすることが効果出来ですが、逆に、学習意欲の高い学生には逆効果なときがあるからです。
また、学習レベルが低い学生には知識と理解のレベルに合わせて授業をしているが、学習レベルが高い生徒には適用、分析、総合、批判のレベルに合った授業を展開するとよいです。
学生をよく理解すれば、学生を心から愛する心が生じ、教師のスタイルと違っても、学生の人生そのものを認めた場合、それに合わせてアクセスが可能となる。
愛は感情の領域を超えて意志の領域まで含めたものである。
学生を愛するようになると、教師と生徒との信頼関係が形成される。
昨年、若い先生の授業をコーチングしたことがある。
授業中に学生が授業と関係ない別のことをしていたが、この時、先生が強烈な目つきでにらむのを見た。
ところが、その学生は先生の目つきを意識せずに、自分がしたいように続け行動をしていた。
授業が終えてから、その部分について話しました。
先生の指示に対して、学生がよく応じてくれない場合、その先生は、学生が自分を無視する行動に理解していて、学生に対して大きく失望して傷を受けていた。
ところが、観察してみると、その学生の行動は決して教師への挑戦や無視ではなかった。
このような行動を教師がそのように解釈してみると、傷がたまったものであった。
教師と生徒との信頼関係を形成することは、授業において非常に重要なことである。
関係性を確立するためには、教師が絶えず努力しなければならない。