顔にホクロがある人は多いでしょう。
ホクロの場所や大きさによってホクロがチャームポイントだったり、逆にコンプレックスの原因になったりすると思います。
目の下にある泣きボクロやあご下のホクロは色っぽいイメージがあります。
外国の有名な女優もあご下にホクロがあり、チャームポイントになっていますよね。
額の真中にホクロがある人は善人そうなイメージを受けます。
そういえば、私の母も年を取ってから額の真ん中にホクロができました。
善人かどうかはよく分かりません。

生きボクロ、死にボクロという名もよく耳にします。
生きボクロはまだしも、死にボクロなんてちょっと嫌な言葉ですよね。
顔のホクロでその人の運勢を占うこともできるそうです。
場所によってホクロの持つ意味が違ってきます。
ただ結果が悪い場合、ホクロの位置をずらすこともできないのであまり深刻に受け止めないことでしょう。

ホクロを自分のチャームポイントだと思えればよいのですが、ホクロが嫌で悩んでいる場合は切実です。
ホクロをいっそ取ってしまいたいと思いつめて、実際に除去したり、少しでも薄く見せたいと涙ぐましい努力を惜しまない人も大勢います。
今は美容整形外科の技術も進歩して短時間で安全に行えます。
費用も昔ほど高くありません。
気分を一喜一憂させたり、人の運勢を占ったりと小さなホクロに結構振り回されているんだなと思います。
ホクロであれこれ悩む前に鏡を見てじっくり観察してみることをお勧めします。
ほんとに欠点なのか、もしかしたら新しい長所となりえるかもしれませんよ。