不動産投資における資産運用とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下するこです。具体的には投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るインカムゲインと、その不動産を購入した金額以上でのキャピタルゲイン(保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益のことを指します)を期待するものであるということでした。不動産投資は「ローリスク、ロングリターン」の投資商品と言われているようですね。
不動産投資の中でも、ワンルームマンションの資産運用についてはどうなのでしょうか。マンションを買って貸す場合、ワンルームマンションよりも2LDKや3LDKといったファミリータイプの方が安定しており、賃料の不払いも少ないようですが、利回りといった点からみると、ファミリータイプのマンションは購入価格に対して賃料がそれほど望めないようです。維持費や固定資産税等々お金もかかるようですね。ワンルームマンションのほうがファミリータイプよりも運用利回りは良いらしいです。これからは単身者の数も増える傾向にあるので、安定した収入を得られるために、多くの投資家がワンルームマンションに集まってくるようです。
実際にマンションを購入し資産運用をしている方々は、どのようなきっかけではじめているのでしょうか。「将来が不透明で、年金支給年齢が先送りになり、定年後の自分の生活がイメージしづらく、何かもう一つ頼りになるものが欲しかった。」「子供の為に何か残してあげたいと考えていました。」「銀行金利が下がった時、預金をしているだけでは資産を増やすことができない、安心して年金暮らしをするには投資が必要だと思った。」ということで、みなさん将来のことを見据えて投資をされているようです。